カブリビ 後天性血栓性血小板減少性紫斑病(後天性TTP)

カブリビの製品特性

私はカブリビをこう使う

埼玉医科大学病院 血液内科 宮川 義隆 先生ご監修; 本シリーズでは、エビデンスから導かれるカブリビの適正な使い方をご紹介いたします。原因不明の溶血性貧血と血小板減少, 血漿交換, 血小板減少症, ADAMTS13, 血栓性微小血管症(TMA), 補体因子異常, 志賀毒素産生大腸菌(STEC), 血小板数, von Willebrand因子(VWF), 血栓, 免疫抑制薬。

[1826.2KB] (2024/04)

血小板数が早期に回復したとしても「カブリビは血漿交換期間後30日間継続すべきである」と海外第III相データ、フランスのリアルワールドエビデンスとともにご解説いただいております。; von Willebrand因子(VWF), 微小血栓, 血漿交換, ADAMTS13に対する自己抗体, 再燃・再発, 免疫抑制薬, ADAMTS13活性, 継続投与。

[2236.5KB] (2024/03)

カブリビ投与開始を血漿交換と同じタイミングにする重要性について、TTP診療ガイド2023 、スペインのリアルワールドエビデンスを合わせてご解説いただいております。

[1822.6KB] (2024/03)

カブリビの早期投与重要性について、リアルワールドエビデンスを合わせてご紹介します。

TTP診療ガイド2023 解説動画

TTP診療ガイド2023 解説動画(2023/08/10)

カブリビ ケースレポート1

カブリビ ケースレポート1(2023/12/25)

カブリビを併用した最新の後天性TTP治療が行われた4症例について、来院からカブリビ導入の経緯、治療経過、その後の転帰をご報告いただきました。

ダウンロード

[PDF: 2401.9KB]

カブリビの日本人の有効性と安全性 国内第II/III相試験

カブリビの日本人の有効性と安全性 国内第II/III相試験(2023/04/17)

血漿交換・免疫抑制薬・カブリビ投与の国内臨床成績(第II/III相)をご紹介;  TTP関連死・難治性TTP割合, 血栓塞栓性イベント, 血小板数・臓器障害マーカー正常化までの期間, ADAMTS13活性回復(≧10%)までの期間, 出血性有害事象。

ダウンロード

[PDF: 3440.2KB]

カブリビの安全性情報

カブリビの安全性情報(2023/02/02)

後天性TTP治療の新たな選択肢【期間限定公開】

後天性TTP治療の新たな選択肢【期間限定公開】(2023/01/16)

後天性TTP治療の課題とカブリビ

後天性TTP治療の課題とカブリビ(2023/01/16)

カブリビの作用機序

カブリビの作用機序(2023/01/16)

カブリビの臨床成績

カブリビの臨床成績(2023/01/16)

後天性血栓性血小板減少性紫斑病とその影響

後天性血栓性血小板減少性紫斑病とその影響(2022/10/20)

4分で分かる 後天性TTPとカブリビの作用機序[作用機序動画]

4分で分かる 後天性TTPとカブリビの作用機序[作用機序動画](2024/02/01)

コアパンフレット【期間限定公開】

コアパンフレット【期間限定公開】(2024/01/09)

後天性TTP死亡率・病態, カブリビ作用機序・海外第II/III相臨床成績、ISTH診療ガイドライン・TTP診療ガイド2023、カブリビ投与スケジュールをご紹介;  血小板数正常化までの期間, 血漿交換日数, TTP関連死, TTP再発, 血栓塞栓性イベント, 血小板減少・溶血性貧血・臓器障害, 自己抗体, von Willebrand因子(VWF), ADAMTS13, 微小血栓形成, 免疫抑制薬, 血漿交換, ナノボディ, 自己投与。

ダウンロード

[PDF: 15451.4KB]

カブリビの疾患・領域情報

TMA/DICを正しく診断するために

TMA/DICを正しく診断するために(2023/01/16)

TMA(血栓性微小血管症)/DIC(播種性血管内凝固症候群)から後天性TTP診断までのフローチャート、後天性TTPの臨床診断のための補助ツール、早期鑑別の重要性をご紹介。奈良県立医科大学 松本 雅則 先生、聖マリアンナ医科大学病院 藤谷 茂樹 先生、名古屋大学大学院医学系研究科 丸山 彰一 先生ご監修;  血小板減少・溶血性貧血・臓器障害, 凝固活性亢進, フィブリン血栓, 消耗性血小板減少・血栓性臓器障害・消耗性凝固因子欠乏(出血傾向), 敗血症性DIC, 赤血球破壊, 凝固因子欠乏, 抗ADAMTS13抗体(インヒビター), STEC-HUS, 非典型HUS(aHUS), 二次性TMA, 線溶反応, PT-INR・APTT・FDP・D-dimer・AT, ELISA法, Frenchスコア・PLASMICスコア, クームス試験, Evans症候群, 血清クレアチニン, 末梢血塗抹標本(スメア), 破砕赤血球。

ダウンロード

[PDF: 2680.6KB]

令和6年度診療報酬改定における急性期入院医療の見直しのポイント

令和6年度診療報酬改定における急性期入院医療の見直しのポイント(2024/05/22)

急性期入院医療の見直しのポイントについて、「手術・処置等2」が見直され、カプラシズマブのコードが設定され、対象となれば出来高算定となることをHCナレッジ合同会社山口先生にご解説いただきました。「重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患」における診断群分類定義樹形図をこちらからご確認いただけます。

Aichi iTTP Clinical Meeting記録集(23.11.02開催)

Aichi iTTP Clinical Meeting記録集(23.11.02開催)(2024/05/21)

総合座長の松下先生(名古屋大学)を中心に、飯田先生(名古屋市立大学)、高見先生(愛知医科大学)、冨田先生(藤田医科大学)をはじめとする愛知県内の血液内科の先生方、および松本先生(奈良県立医科大学)にご登壇いただき、一般講演(症例提示)と特別講演(治療戦略)に加え、後天性TTP診療における重要な点をディスカッションいただき、“本会からのメッセージ”としておまとめいただきました。

ダウンロード

[PDF: 6887.3KB]

後天性TTP 疾患発見100周年のあゆみ

後天性TTP 疾患発見100周年のあゆみ(2024/04/10)

【カブリビ】TTP Connect Meeting 講演会記録集(23.09.05開催)

【カブリビ】TTP Connect Meeting 講演会記録集(23.09.05開催)(2024/05/09)

総合司会に張替 秀郎 先生(東北大学)、演者に小川 孔幸 先生(群馬大学)、宮川 義隆 先生(埼玉医科大学病院)、大中 貴史 先生(現所属:大阪赤十字病院)をお迎えし、後天性TTP診断・治療法の解説および症例検討を行った本会の内容ををご紹介いたします。

ダウンロード

[PDF: 3797.1KB]

後天性TTP 疾患発見100周年のあゆみ

後天性TTP 疾患発見100周年のあゆみ(2024/05/16)

TTPの歴史である疾患発見~急性期治療には血漿交換にカブリビと免疫抑制療法を併用することの推奨に至るまでをご紹介するパンフレットです。; 原因不明の血小板減少, 溶血性貧血, 臓器障害, Dr.Moschowitz, 血漿交換療法, 自己免疫性疾患, ADAMTS13。

ダウンロード

[PDF: 30370.7KB]

後天性TTP 診療協力の実際

後天性TTPは発症頻度の低さと診断・治療の難しさから、病院間の診療協力が欠かせないとされています。本シリーズでは、それぞれの地域において病院同士の円滑な診療協力関係を構築されたご施設のノウハウをご紹介します。

[979KB] (2024/03)

倉敷中央病院 上田 恭典 先生ご監修; 診療協力のポイントとして、御施設血液内科でのどの診療科とも相談しやすい環境づくりをお話いただいています。また、積極的な鑑別診断のためTMA様の患者はまず後天性TTPを疑うこと、FrenchスコアやPLASMICスコアを使用して後天性TTPの可能性の高さを見極める方法をご解説いただいております。血液学的緊急事態, 血栓止血, 播種性血管内凝固症候群(DIC), 血漿交換, von Willebrand因子(VWF), ADAMTS13, インヒビターブースティング, ビリルビン, LD(乳酸脱水素酵素), クレアチニン, ハプトグロビン, トロポニンI, PT(プロトトロンビン時間), APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間), フィブリノゲン, D-ダイマー, FDP(フィブリノゲン分解産物), DICとの鑑別。

[787.4KB] (2023/10)

群馬大学医学部附属病院 血液内科 講師 小川 孔幸 先生ご監修; 後天性TTPは発症頻度の低さと診断・治療の難しさから、病院間の診療協力が欠かせないとされています。本シリーズでは、それぞれの地域において病院同士の円滑な診療協力関係を構築されたご施設のノウハウをご紹介します。; 血栓止血, ヘモグロビン(Hb), ビリルビン, 乳酸脱水素酵素(LDH), ハプトグロビン, クレアチニン, 心筋障害マーカー, MCV, 頭部MRI。

Expert Video Series

後天性血栓性血小板減少性紫斑病の病態と診断

後天性血栓性血小板減少性紫斑病の病態と診断(2023/10/27)

病態から診断まで後天性TTPについての全てをご紹介; 脳卒中, 意識障害, 急性心筋梗塞, 貧血, 紫斑, 疲労, 関節痛, 筋肉痛, 蒼白, 黄疸, 発熱, 身に覚えのないあざ, 腹痛, 血管内皮, 点状出血, 鼻出血, 歯肉出血, 血尿, 月経過多, 消化管出血, 精神神経症状, 錯乱, けいれん, 胸痛, 低血圧, うっ血性心不全, 蛋白尿, 腹痛, 悪心, 下痢, 虚血, 血小板膜蛋白質GPⅠb, 播種性の微小血栓, 凝固反応, MAHA(微小血管障害性溶血性貧血), 志賀毒素産生大腸菌。

ダウンロード

[PDF: 4015KB]

TTP診療ガイド2023 解説パンフレット

TTP診療ガイド2023 解説パンフレット(2024/01/15)

奈良県立医科大学 血液内科学講座 教授・輸血部 部長 松本 雅則 先生ご監修; TMA(血栓性微小血管症)診断と治療のフローチャート, 血漿交換などの各治療と推奨度及び保険適用有無, リツキシマブCQ, 後天性TTPの急性期死亡, ADAMTS13活性検査結果を待たない治療開始の重要性。

ダウンロード

[PDF: 2048.7KB]

診療報酬サマリーパンフレット

診療報酬サマリーパンフレット(2023/01/16)

処方に関わる診療報酬の算定(カブリビ処方時における診療報酬上の留意事項、ADAMTS13活性測定時の診療報酬、ADAMTS13インヒビター測定時の診療報酬、在宅自己注射指導管理料の診療報酬)をご紹介; 導入初期加算, 間歇注入シリンジポンプ, カプラシズマブ。

ダウンロード

[PDF: 284.1KB]

後天性血栓性血小板減少性紫斑病について知っておきたいこと【期間限定公開】

後天性血栓性血小板減少性紫斑病について知っておきたいこと【期間限定公開】(2022/09/01)

[患者さん向けTTP疾患解説]奈良県立医科大学 血液内科学講座 教授・輸血部 部長 松本 雅則 先生ご監修; 指定難病, 免疫系の異常, 免疫介在性, 酵素, 寛解, 記憶障害, 平衡感覚, 複視, めまい, 難治性, 再燃, 再発, 高額療養費制度, 医療費助成制度。

ダウンロード

[PDF: 7290.3KB]

2分で分かる後天性TTP[疾患解説動画]

2分で分かる後天性TTP[疾患解説動画](2024/01/23)

患者さん向け資材紹介

カブリビの溶解・投与方法

カブリビの溶解・投与方法(2022/10/19)

製品基本情報

  • 総合製品情報概要
    [作成日: 2023年12月]
    添付文書情報(※)
    [作成日: 2022年12月]
    インタビューフォーム
    [作成日: 2023年12月]
    くすりのしおり
    [作成日: 2022年11月]
    患者向医薬品ガイド
    [作成日: 2022年12月]
    医薬品リスク管理計画書
    [作成日: 2024年03月]
    市販直後調査 最終報告書
    [作成日: 2023年11月]
    カブリビを使用する患者さんへ
    [作成日: 2022年12月]
    【RMP資材】カブリビを適正にご使用いただくために
    [作成日: 2024年04月]
    【RMP資材】カブリビによる治療を始める患者さんへ
    [作成日: 2022年12月]
    投薬期間制限解除のお知らせ
    [作成日: 2023年12月]

    包装形態

    ダウンロード

    剤型

    注射剤(バイアル)

※ 最新の添付文書に基づきPDFファイルを掲載しております。

最終更新日:2024/05/22

e-MR医療関係者向け製品情報サイト